女子児童の「和装」で卒業式出席が大ブームで学校側が自粛を求める by 痛いニュース(ノ∀`)

1 名前: アイアンクロー(神奈川県)@\(^o^)/ [GB]:2017/03/11(土) 16:09:15.60 ID:XYaw+PYe0.net
13月は卒業式シーズン。各地の小学校で、和装で式に出席する女子児童が増えている。

大学では広く見掛けるが、小学校でも昨年は、卒業生の3分の2が袴(はかま)姿という例も。ただ、保護者にとっては費用負担が悩みのタネだ。経済的事情などで着られない児童への配慮などから、一部地域では、学校側が自粛を求めるケースが出ている。着物と袴のセットの貸出料は、約二万~三万円。着付け代は別途必要だ。

名古屋市天白区の「フォトスタジオアクエリアス」は、着物と袴の約百セットを用意。名古屋市の小学校の卒業式がある今月十六日は、八割ほど貸し出しの予約が入っている。

レンタルを始めた一二年以来、年々引き合いが増え、本年度は子どもが六年生に進級して間もない四、五月に予約を入れる保護者が多かった。

「五年生の時に、卒業する六年生の袴姿を見て、私も着たいと希望されるお子さんも多い」と同店。競技かるたが題材の人気漫画「ちはやふる」などの影響もあるという。

一方、愛知県半田市教育委員会によると、市内の多くの小学校は昨年六月、保護者に、華美な衣装と袴姿の自粛を呼び掛けた。

http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017030902000269.html
続きを読む
続きを読む
人気記事