痴漢冤罪にあった時の模範解答は「弁護士を呼べ」…「人生終わりだから逃げろ」は誤り by 痛いニュース(ノ∀`)

1 名前: ダブルニードロップ(catv?)@\(^o^)/:2017/05/13(土) 09:34:23.09 ID:Rz4k4sSW0
1痴漢を疑われても逃げるべきではない理由
痴漢を疑われた人が逃走し、ビルから転落して死亡したという事故が起きてしまった。痴漢を疑われた場合にどのような対応をすればよいかについては、弁護士の間でも意見が分かれていた。この機会に私の意見を述べておこう。

まず、駅事務室などに同行を求められても絶対に行ってはいけない。

あなたが痴漢の疑いをかけられた。駅事務室に同行を求められそれに応じた。任意で同行しただけであり身柄拘束などされていなかった。としよう。

でも後に警察に引き渡されたら、「まず私人*1が現行犯逮捕し、被疑者を警察に引き渡した」ことにされ、適法な逮捕の体裁を整えられてしまう。だから行ってはいけない。ではどうすべきか。

自らの身分を告げる等して平穏に立ち去ることができればベスト。この点は弁護士間にもおそらく異論がないだろう。しかし、実際には、被害申告者や駅員の側も平穏に立ち去らせてくれない場合が多いだろう。その場合どうすべきかが問題だ。

従来、弁護士の中には「走って逃げろ」との見解を述べる人もいたが、私はこれには反対だ。走って逃げ切れればいいが、今はあちこちにビデオカメラもある。現に逃走している以上、逃亡や罪証隠滅のおそれは高いとみられるから、尻尾をつかまれた場合には、むしろ逮捕・勾留のリスクが高まる行為だ。

偶然逃げ切れればラッキーだが、そういう都合のいい展開を前提としたアドバイスは法律家のアドバイスとはいえない。金の請求をしてくる奴がうっとうしいならそいつを殺して埋めればいい。運がよければバレない。というアドバイスと本質的には違いがないと思う。

http://miurayoshitaka.hatenablog.com/entry/2017/05/12/痴漢を疑われても逃げるべきではない理由_3
続きを読む
続きを読む
人気記事